99%の美容室がやっていないお客様への思いやり#最速30分パッチテスト

あなたのサロン1つでも
あてはまっていたらご一読ください!

1.信頼度UP

初めて ご来店でのカラーでも
「ヘアカラー同意書・承諾書」の記入だけで終わらせるのではなく、30分パッチテストをスマートに実施することでサロン信頼度UP

2.他店との差別化

プロならではの思いやりで感動を
初来店のお客様は前回までは、他店へ通うお客様です。30分パッチテストの実施はお客様への思いやりです。しっかりと向き合う姿勢は他店との差別化へと繋がります。

3.コンプライアンス向上

美容師はヘアカラーのプロです 
みんなのお手本に

お客様も担当者もハッピーなサロンタイムに導くテスト体制はコンプライアンスを引き上げます。
サロンしいては業界全体のお手本となります。

最もパッチテスト必須「お客様TOP4」

1.産後初めて、ヘアカラーされるお客様

産後は体質が変わりやすく、今までカラーアレルギーのなかった方でも、施術後まぶたが腫れ上がってしまったり、頭や身体全体にかゆみがでてしまったりと思いがけない症状が出てしまったりします。デリケートな時期です。

2.人生初、ヘアカラーされるお客様

言うまでもなく、人生初のヘアカラーはお客様本人でも気づいていないアレルギー等皮膚トラブルがおこる可能性があります。ヘアカラー前に、パッチテストをしないという選択はとてもリスキーです。

3.久々に、ヘアカラーされるお客様

半年から1年など、前回のヘアカラーから、しばらく経過されている場合、体質や生活習慣などの様々な要因で急にアレルギー等皮膚トラブルを引き起こす場合があります。「今まで大丈夫だったから」とお客様はおっしゃるかもしれませんが、これもお客様の為です、テストをさせていただきましょう。

4.アレルギーをお持ちのお客様

お客様も自覚されているアレルギーがあるという場合には、パッチテストもオススメしやすいですし、いつヘアカラーのアレルギーも発症するかもしれません。お客様に安心していただき、ヘアカラーを楽しんでいただくためにも、パッチテストをさせていただきましょう。

特許取得しました!ヘアカラー用パッチテストでは初めて特許取得しました。
メディアでもご紹介いただきました。各メディアに取り上げられています。

ヘアカラーアレルギーは即時型と遅延型

即時型アレルギーの症状
ヘアカラーの最中や直後に起こる アナフィラキシー、 蕁麻疹、発赤、強いかゆみ等の皮膚異常などのほか、息苦しさ、めまい、気分の悪さ。
遅延型アレルギーの症状
48時間後くらいに起こるかゆみ、赤み、はれ、ブツブツなどの皮膚異常など。

30分パッチテストは即時アレルギー対策

店内にてヘアカラー施術前にできる有効なパッチテスト
30分パッチテストはお客様のカラー施術前のカットや、前処理中にスマートに実施できます。即時型アレルギーに対して有効です。まったくパッチテストをしないでカラーする場合と比較してどちらがお客様に対して良いでしょうか?
サロン様の声

サロン内パッチテストの問題を解決しました

①絆創膏をつかってはダメ

ヘアカラーのパッチテストはオープンテストで行います。絆創膏の使用は、クローズドテストになりますので適しません。

②お客様の洋服など汚さない
テスト液が誤ってお客様の衣服などに付着すること落ちません。これは絶対に気をつけたい重要なポイントです。しっかり衣服との接触をガードします。
③お客様に辛い姿勢をさせない
衣服にテスト液が付かないようにパッチテスト部分を保護しながらパッチテストできますので、お客様に辛い姿勢をさせず、ストレスなく自由な姿勢でお過ごしいただけます。
④スマートにパッチテストを
ヘアカラーのテスト液は10円玉大に塗りますので、ちょうど十円玉大に塗りやすくデザインされています。通気性が備わっておりオープンテスト対応です。ヘアサロンのプロフェッショナルとしてヘアカラーされるお客さまにスムーズにパッチテストを実施。

さいごに

お客様がサロンを離脱する理由の統計上位に
気遣いのなさやその対応

ですが、
パッチテストを実施する
「お客様の安全を大切にしているサロン」を
お客様はどう感じるでしょうか?
それは、
「自分のことを気遣い大切にしてくれるサロン」です。
そのような、
「思いやりのあるサロン」
お手伝いができれば幸いです。