現在【美容室向けページ】です。

99%の美容室がやっていないお客様への思いやり#最速30分パッチテスト

あなたのサロン1つでも
あてはまっていたらご一読ください!

1.信頼度UP

初めて ご来店でのカラーでも
「ヘアカラー同意書・承諾書」の記入だけで終わらせるのではなく、30分パッチテストをスマートに実施することでサロン信頼度UP

2.他店との差別化

プロならではの思いやりで感動を
初来店のお客様は前回までは、他店へ通うお客様です。30分パッチテストの実施はお客様への思いやりです。しっかりと向き合う姿勢は他店との差別化へと繋がります。

3.コンプライアンス向上

美容師はヘアカラーのプロです 
みんなのお手本に

お客様も担当者もハッピーなサロンタイムに導くテスト体制はコンプライアンスを引き上げます。
サロンしいては業界全体のお手本となります。

ところで、

あなたはパッチテストのこと知っていますか?
例えばヘアカラーパッチテストの問題ケース1としまして、実は絆創膏の使用はダメなんです。 その理由は、ヘアカラーのパッチテストはオープンテストといって密閉してはいけません。 通気性がとても大切です。 絆創膏では密閉してしまうので、クローズドテストを言い、ヘアカラーのパッチテスト方法としては推奨されていないんです。 ヘアカラーのパッチテストの問題ケース2としましては、 洋服など汚してしまう可能性があるということです。 なぜかと言いますと、ヘアカラーが衣服などにつくとカラー剤の発色まで目立たないので気付きずらいですが、時間が経つと発色して染まってしまいます。そして発色してしまうともう落ちません。 パッチテスト放置中、知らない間に衣類などに付着して汚してしまうことがあるのです。
だから、パッチテストの問題点をクリアにするのです。
ヘアカラーパッチテストを簡単にし、パッチテスト部分をガードする、ヘアカラーのプロである美容師考案のハイスペック設計のパッチテストツール PROの5つポイントをご紹介します。 ポイント1は、テストを簡単にするということ。ポイント2は、ヘアカラーパッチテストに必須の通気性をキープするということ、ポインド3は接触をガードすることで汚さないように配慮されていること。ポイント4は、ヘアカラーのパッチテスト最中にテスト部分を観察できることで安心できる設計であることです。ポイント5としましては医療用のテープを採用していることで、肌への追従性や固定力でヘアカラーパッチテストをしっかりアシストすることです。
このパッチテストツールプロで簡単便利にパッチテストしましょう。

最もパッチテスト必須「お客様TOP4」

1.産後初めて、ヘアカラーされるお客様

産後は体質が変わりやすく、今までカラーアレルギーのなかった方でも、施術後まぶたが腫れ上がってしまったり、頭や身体全体にかゆみがでてしまったりと思いがけない症状が出てしまったりします。デリケートな時期です。

2.人生初、ヘアカラーされるお客様

言うまでもなく、人生初のヘアカラーはお客様本人でも気づいていないアレルギー等皮膚トラブルがおこる可能性があります。ヘアカラー前に、パッチテストをしないという選択はとてもリスキーです。

3.久々に、ヘアカラーされるお客様

半年から1年など、前回のヘアカラーから、しばらく経過されている場合、体質や生活習慣などの様々な要因で急にアレルギー等皮膚トラブルを引き起こす場合があります。「今まで大丈夫だったから」とお客様はおっしゃるかもしれませんが、これもお客様の為です、テストをさせていただきましょう。

4.アレルギーをお持ちのお客様

お客様も自覚されているアレルギーがあるという場合には、パッチテストもオススメしやすいですし、いつヘアカラーのアレルギーも発症するかもしれません。お客様に安心していただき、ヘアカラーを楽しんでいただくためにも、パッチテストをさせていただきましょう。

1.産後初めて、ヘアカラーされるお客様

産後は体質が変わりやすく、今までカラーアレルギーのなかった方でも、施術後まぶたが腫れ上がってしまったり、頭や身体全体にかゆみがでてしまったりと思いがけない症状が出てしまったりします。デリケートな時期です。

2.人生初、ヘアカラーされるお客様

言うまでもなく、人生初のヘアカラーはお客様本人でも気づいていないアレルギー等皮膚トラブルがおこる可能性があります。ヘアカラー前に、パッチテストをしないという選択はとてもリスキーです。

3.久々に、ヘアカラーされるお客様

半年から1年など、前回のヘアカラーから、しばらく経過されている場合、体質や生活習慣などの様々な要因で急にアレルギー等皮膚トラブルを引き起こす場合があります。「今まで大丈夫だったから」とお客様はおっしゃるかもしれませんが、これもお客様の為です、テストをさせていただきましょう。

4.アレルギーをお持ちのお客様

お客様も自覚されているアレルギーがあるという場合には、パッチテストもオススメしやすいですし、いつヘアカラーのアレルギーも発症するかもしれません。お客様に安心していただき、ヘアカラーを楽しんでいただくためにも、パッチテストをさせていただきましょう。

特許取得しました!ヘアカラー用パッチテストでは初めて特許取得しました。
パッチテストツールPROはヘアカラーのパッチテストにおける特許を取得していること、日本製であること、医療用テープを採用していることなどの代表的な特徴があります。

そして

メディアでもご紹介いただきました。各メディアに取り上げられています。
サロン様の声

ヘアカラーアレルギーは即時型と遅延型

即時型アレルギーの症状
ヘアカラーの最中や直後に起こる アナフィラキシー、 蕁麻疹、発赤、強いかゆみ等の皮膚異常などのほか、息苦しさ、めまい、気分の悪さ。
遅延型アレルギーの症状
48時間後くらいに起こるかゆみ、赤み、はれ、ブツブツなどの皮膚異常など。

30分パッチテストは即時アレルギー対策

店内にてヘアカラー施術前にできる有効なパッチテスト
30分パッチテストはお客様のカラー施術前のカットや、前処理中にスマートに実施できます。即時型アレルギーに対して有効です。まったくパッチテストをしないでカラーする場合と比較してどちらがお客様に対して良いでしょうか?

サロン内パッチテストの問題を解決しました

①絆創膏をつかってはダメ

ヘアカラーのパッチテストはオープンテストで行います。絆創膏の使用は、クローズドテストになりますので適しません。

②お客様の洋服など汚さない
テスト液が誤ってお客様の衣服などに付着すること落ちません。これは絶対に気をつけたい重要なポイントです。しっかり衣服との接触をガードします。
③お客様に辛い姿勢をさせない
衣服にテスト液が付かないようにパッチテスト部分を保護しながらパッチテストできますので、お客様に辛い姿勢をさせず、ストレスなく自由な姿勢でお過ごしいただけます。
④スマートにパッチテストを
ヘアカラーのテスト液は10円玉大に塗りますので、ちょうど十円玉大に塗りやすくデザインされています。通気性が備わっておりオープンテスト対応です。ヘアサロンのプロフェッショナルとしてヘアカラーされるお客さまにスムーズにパッチテストを実施。
そのヘアカラーパッチテストの方法を簡単にし、便利に利便性を追求したパッチテストツールPROの使い方を説明いたします。 その1、腕の内側に貼ります。医療用テープを採用した本パッチテストツールPROを、ヘアカラーのパッチテストする部分に固定します。 その2といたしまして、パッチテストツールPROの蓋を開けます。蓋の取っ手部分をつまむようにしてやると開けやすいです。 その3としまして、ヘアカラーで使用するヘアカラー剤のパッチテスト用のテスト液を塗ります。パッチテストツールPROのフチ部分は10円玉サイズであり、ヘアカラーのパッチテストにおいて推奨されているテスト液の肌への塗布範囲です。また、フチの高さがあり、パッチテストのヘアカラーテスト液がはみ出しづらく塗りやすい設計になっています。 その4としまして、蓋をとじます。通気構造になっているパッチテストツールプロの蓋をしっかりと閉じることによって、ヘアカラーのテスト剤で汚れないように、しっかりとガードします。 その5としまして、いつでも観察。見れるということです。パッチテストツール PROの蓋部分はクリア色にデザイン設計されていることによって、肌のヘアカラーパッチテスト中の状態をいつでも確認できます。

さいごに

お客様がサロンを離脱する理由の

統計上位に、気遣いのなさやその対応

とありました。

パッチテストを実施する

お客様の安全を大切にしているサロンを

お客様はどう感じるでしょうか?

自分のことを気遣い大切にしてくれるサロンと

伝わるのではないでしょうか?

「お客様への思いやりのあるサロン」

一助となれば幸いです。