現在【一般向けページ】です。

実は、全てのヘアカラーは、パッチテストが重要なんです。 いつものヘアーカラー剤は今のあなたに合っていますか? きゅうなアレルギーはおしゃれの大敵ですね。 簡単便利なヘアカラー専用のパッチテストが新登場しました。
パッチテストツールPROはヘアカラーのパッチテストにおける特許を取得していること、日本製であること、医療用テープを採用していることなどの代表的な特徴があります。
このパッチテストツールプロで簡単便利にパッチテストしましょう。
なんかいや〜な、こんな経験ありませんか? 頭がなんだかむずむずする、頭がかゆい、頭皮がしみる、頭皮が痛いなど。
パッチテストしないでヘアカラーしている人は要注意ですよ!
それは、いつ起こるかわからない急なアレルギーです。 いつも平気だったのに…

ところで...

あなたはパッチテストのこと知っていますか?

いざ、ヘアカラー前にパッチテストを実施しようと説明書きを見てみると、ちょっと難しいと思われるかもしれません。

パッチテストの問題点をあげてみました。

いざ、ヘアカラー前にパッチテストを実施しようと説明書きを見てみると、ちょっと難しいと思われるかもしれません。 パッチテストする際の問題点をあげてみました。
例えばヘアカラーパッチテストの問題ケース1としまして、実は絆創膏の使用はダメなんです。 その理由は、ヘアカラーのパッチテストはオープンテストといって密閉してはいけません。 通気性がとても大切です。 絆創膏では密閉してしまうので、クローズドテストを言い、ヘアカラーのパッチテスト方法としては推奨されていないんです。 ヘアカラーのパッチテストの問題ケース2としましては、 洋服など汚してしまう可能性があるということです。 なぜかと言いますと、ヘアカラーが衣服などにつくとカラー剤の発色まで目立たないので気付きずらいですが、時間が経つと発色して染まってしまいます。そして発色してしまうともう落ちません。 パッチテスト放置中、知らない間に衣類などに付着して汚してしまうことがあるのです。
だから、パッチテストの問題点をクリアにするのです。
ヘアカラーパッチテストを簡単にし、パッチテスト部分をガードする、ヘアカラーのプロである美容師考案のハイスペック設計のパッチテストツール PROの5つポイントをご紹介します。 ポイント1は、テストを簡単にするということ。ポイント2は、ヘアカラーパッチテストに必須の通気性をキープするということ、ポインド3は接触をガードすることで汚さないように配慮されていること。ポイント4は、ヘアカラーのパッチテスト最中にテスト部分を観察できることで安心できる設計であることです。ポイント5としましては医療用のテープを採用していることで、肌への追従性や固定力でヘアカラーパッチテストをしっかりアシストすることです。
そのヘアカラーパッチテストの方法を簡単にし、便利に利便性を追求したパッチテストツールPROの使い方を説明いたします。 その1、腕の内側に貼ります。医療用テープを採用した本パッチテストツールPROを、ヘアカラーのパッチテストする部分に固定します。 その2といたしまして、パッチテストツールPROの蓋を開けます。蓋の取っ手部分をつまむようにしてやると開けやすいです。 その3としまして、ヘアカラーで使用するヘアカラー剤のパッチテスト用のテスト液を塗ります。パッチテストツールPROのフチ部分は10円玉サイズであり、ヘアカラーのパッチテストにおいて推奨されているテスト液の肌への塗布範囲です。また、フチの高さがあり、パッチテストのヘアカラーテスト液がはみ出しづらく塗りやすい設計になっています。 その4としまして、蓋をとじます。通気構造になっているパッチテストツールプロの蓋をしっかりと閉じることによって、ヘアカラーのテスト剤で汚れないように、しっかりとガードします。 その5としまして、いつでも観察。見れるということです。パッチテストツール PROの蓋部分はクリア色にデザイン設計されていることによって、肌のヘアカラーパッチテスト中の状態をいつでも確認できます。

© IDEAGROW Inc. PATCH TEST TOOL PRO All Rights Reserved

ヘアカラー専用
「パッチテストツールPRO」
ご注文はコチラ
ヘアカラー専用
「パッチテストツールPRO」
ご注文はコチラ